大阪大学大学院 情報科学研究科 代謝情報工学講座 清水浩研究室

English Page

和田 圭介(Keisuke WADA)

出身地

神奈川県

研究テーマ

・メバロン酸を生産する大腸菌の増殖期中における代謝フラックス解析

n-ブタノールを生産するSynechococcus elongatus PCC 7942の代謝フラックス解析

学会発表

国内学会

和田圭介、戸谷吉博、松田史生、清水浩;メバロン酸を生産する大腸菌の増殖期における13C代謝フラックス解析、日本生物工学会2015年大会、鹿児島、2015年10月(ポスター)

和田圭介、戸谷吉博、松田史生、清水浩;n-ブタノールを生産するSynechococcus elongatusの13C代謝フラックス解析、化学工学会2016年秋季大会、徳島、2016年9月(ポスター)

和田圭介、植林希代加、戸谷吉博、傳寶雄大、Putri Sastia、松田史生、福崎英一郎、Liao James、清水浩;13C代謝フラックス解析およびプロテオーム解析によるn-ブタノールを生産シアノバクテリアの律速反応の推定、第58回日本植物生理学会年会、鹿児島、2017年3月(ポスター)

和田圭介、植林希代加、戸谷吉博、傳寶雄大、Putri Sastia、松田史生、福崎英一郎、Liao James、清水浩;13C代謝フラックス解析およびプロテオーム解析によるn-ブタノールを生産シアノバクテリア株の代謝解析、生物工学会2017年大会、東京、2017年9月(ポスター予定)

国際学会

Keisuke WADA, Yoshihiro TOYA, Fumio MATSUDA, Hiroshi SHIMIZU: 13C-metabolic flux analysis for mevalonate producing strain of Escherichia coli, Metabolic Engineering 11, Hyogo, Japan, Jun. 2016 (Poster)

Keisuke WADA, Kiyoka UEBAYASHI, Yoshihiro TOYA, Yudai DEMPO, Sastia PUTRI, Fumio MATSUDA, Eiichiro FUKUSAKI, James LIAO, Hiroshi SHIMIZU: Isotopically non-stationary 13C-metabolic flux analysis of n-butanol production in Synechococcus elongatus, i-BioP 2016, Busan, Korea, Dec. 2016 (Poster)

Keisuke WADA, Yoshihiro TOYA, Fumio MATSUDA, Hiroshi SHIMIZU: 13C-metabolic flux analysis of mevalonate production in Escherichia coli, 8th iBioK, Hyogo, Japan, Feb. 2017 (Poster)

投稿論文

Wada, K., Toya, T., BANNO, S., Yoshikawa, K., Matsuda, F. and Shimizu, H.: 13C-metabolic flux analysis for mevalonate producing strain of Escherichia coli, J. Biosci. Bioeng., Accepted  [pdf]

受賞歴

i-BioP 2016, Best Presenter

Page Top