大阪大学大学院 情報科学研究科 代謝情報工学講座 清水浩研究室

English Page

岡橋 伸幸(Okahashi Nobuyuki)

出身地

広島県

学歴

2008年4月~2012年3月 大阪大学 工学部応用自然科学科 応用生物専攻

2012年4月~2014年3月 大阪大学 大学院情報科学研究科 博士前期課程 

2014年4月~現在 大阪大学 大学院情報科学研究科 博士後期課程 

2015年4月~現在 日本学術振興会特別研究員 (DC2)

趣味

  • ギター
  • ラーメン
  • コーヒー
  • ツーリング
  • 温泉

好きな言葉

「おもしろき こともなき世を おもしろく」 高杉晋作

研究テーマ

  • 中間代謝物質を用いた代謝フラックス解析法の構築と検証
  • イソプロピルアルコール高生産大腸菌の代謝フラックス解析
  • 動物培養細胞の代謝フラックス解析の構築
  • GC-MS/MSを用いた代謝フラックス解析法の精度向上

学会発表(予定含む)

国内学会

  1. 2012年10月 第64回生物工学会@神戸
  2. 2013年9月 第65回生物工学会@広島
  3. 2013年10月 第8回メタボロームシンポジウム@博多
  4. 2013年11月 第1回がんと代謝研究会@鶴岡
  5. 2014年5月 第62回質量分析総合討論会@大阪
  6. 2014年7月 生物工学若手研究者の集い 夏のセミナー2014@神戸
  7. 2014年9月 第66回生物工学会@札幌
  8. 2015年1月 日本癌学会シンポジウム/共同利用・共同研究拠点シンポジウム@金沢
  9. 2015年3月 化学工学会第80年回@東京
  10. 2015年3月 日本農芸化学会2015年度大会@岡山
  11. 2015年6月 第63回質量分析総合討論会@つくば
  12. 2015年7月 生物工学若手研究者の集い 夏のセミナー2015@名古屋
  13. 2015年7月 第3回がんと代謝研究会@金沢
  14. 2016年3月 化学工学会第81年回@大阪
  15. 2016年3月 日本農芸化学会2016年度大会@北海道
  16. 2016年5月 第64回質量分析総合討論会@大阪
  17. 2016年7月 生物工学若手研究者の集い 夏のセミナー2014@東京
  18. 2016年7月 第4回がんと代謝研究会@鹿児島
  19. 2016年9月 第68回生物工学会@富山

国際学会

  1. 2012年12月 Genome Informatics Workshop 2012 @Taiwan
  2. 2014年6月 Metabolic Engineering X @Vancouver
  3. 2014年6月 Metabolomics2014 @ Tsuruoka
  4. 2014年9月 KAIST-OSAKA U SYMPOSIUM 2014 @ Osaka
  5. 2015年12月 The 6th iBioK Asia Workshop @ Kobe
  6. 2016年6月 American Society of Mass Spectrometry @San Antonio
  7. 2016年6月 Metabolic Engineering XI @Awaji-shima

投稿論文・総説

  1. Nobuyuki Okahashi, Shuichi Kajihata, Chikara Furusawa, Hiroshi Shimizu. Reliable metabolic flux estimation in Escherichia coli  central carbon metabolism using intracellular free amino acids.  Metabolites, 4(2), 408-420, 2014, May.
  2. Shunsuke Nishino, Nobuyuki Okahashi, Fumio Matsuda, Hiroshi Shimizu. Absolute quantitation of glycolytic intermediates reveals thermodynamic shifts in Saccharomyces cerevisiae strains lacking PFK1 or ZWF1 genes.  Journal of Bioscience and Bioengineering, Volume 120, Issue 3, Pages 280–286, September 2015.
  3. Nobuyuki Okahashi, Susumu Kohno, Shunsuke Kitajima, Fumio Matsuda, Chiaki Takahashi, Hiroshi Shimizu. Metabolic characterization of cultured mammalian cells by mass balance analysis, tracer labeling experiments and computer-aided simulations. Journal of Bioscience and Bioengineering, Vollume 120, Issue 6, Pages 725–731, December 2015.
  4. Kousuke Maeda, Nobuyuki OkahashiYoshihiro Toya, Fumio Matsuda, Hiroshi Shimizu. Investigation of useful carbon tracers for 13C-metabolic flux analysis of Escherichia coli by considering five experimentally determined flux distributions, Metabolic Engineering Communications, June, 2016, in press.
  5. Nobuyuki OkahashiShuichi Kawana, Junko Iida, Hiroshi Shimizu, Fumio Matsuda. GC-MS/MS survey of collision-induced dissociation of tert-butyldimethylsilyl-derivatized amino acids and its application to 13C-metabolic flux analysis of Escherichia coli central metabolism, Analytical and Bioanalytical Chemistry, June, 2016, in press.

解説

  1. 岡橋伸幸, 川名修一, 松田史生, 清水浩. GCMS Technical Report(テクニカルレポート)「GC-MSを用いた13C代謝フラックス解析法の紹介」 2016年2月

受賞歴

  1. 2014年5月 第62回質量分析総合討論会ベストプレゼンテーション賞 優秀賞
  2. 2014年5月 第3回生物工学学生優秀賞 飛翔賞 
  3. 2015年3月 化学工学会80年会本部大会学生賞 特別賞
  4. 2015年6月 第63回質量分析総合討論会ベストプレゼンテーション賞 ポスター発表部門優秀賞
  5. 2016年3月 化学工学会81年会本部大会学生賞 最優秀学生賞
Page Top