大阪大学大学院 情報科学研究科 代謝情報工学講座 清水浩研究室

English Page

その他

2019

  1. 【受賞】戸谷 吉博, 令和元年度大阪大学賞 若手教員部門, 「微生物による有用物質生産の高効率化のための代謝フラックス制御の研究」,令和元年11月
  2. 【受賞】田中 涼, 化学工学会第84年会本部大会学生賞,学生奨励賞, 「大腸菌による物質生産への光駆動ATP再生の利用に向けて」,平成31年3月

2018

  1. 【受賞】清水 浩, 2018年度生物工学会, 第12回生物工学功績賞,「計算機工学に基づく代謝設計とその有効性の実証に関する研究」, 平成30年9月
  2. 【受賞】和田 圭介, 戸谷 吉博,  坂野 聡美, 吉川 勝徳, 松田 史生, 清水 浩, 2018年度生物工学会, 第26回生物工学論文賞, 13C-metabolic flux analysis for mevalonate-producing strain of Escherichia coli, 平成30年9月
  3. 【受賞】和田 圭介,化学工学会第83年会本部大会学生賞,優秀学生賞「安定同位体非定常の13C代謝フラックス解析およびプロテオーム解析によるn-ブタノールを生産するSynechococcus elongatus PCC 7942の代謝状態の推定」,平成30年3月

2017

  1. 【受賞】妹尾幸枝, 化学工学会第48回秋季大会, バイオ部会優秀ポスター賞「光による遺伝子発現制御系を利用した大腸菌代謝制御の検討」,平成29年9月
  2. 【受賞】徳山健斗, 化学工学会第82年会本部大会学生賞, 優秀学生賞「実験室進化実験に基づく大腸菌の高コハク酸生産に有効な変異同定」,平成29年3月

2016

  1. 【受賞】徳山健斗, 化学工学会第48回秋季大会バイオ部会優秀ポスター賞,「in silico代謝設計と実験室進化実験の統合によるコハク酸高生産大腸菌の構築」,平成28年9月
  2. 【受賞】岡橋伸幸, 2016年度生物工学若手会夏のセミナー, バイオリーダーズ賞, 「海馬培養切片での繰り返し長期増強の誘発に伴うグルコース取り込みと乳酸排出の活性化」, 平成28年7月
  3. 【受賞】前田昂亮, 化学工学会第81年会本部大会学生賞, 優秀学生賞「がん細胞の同位体非定常代謝フラックス解析法の構築」,平成28年3月
  4. 【受賞】岡橋伸幸, 化学工学会第81年会本部大会学生賞, 最優秀学生賞「ガスクロマトグラフィー――タンデム四重極型質量分析装置(GC-MS/MS)を用いた13C代謝フラックス解析の精度向上」,平成28年3月

2015

  1. 【受賞】徳山健斗, 第67回日本生物工学会大会, 第4回学生優秀賞(飛翔賞)「代謝シミュレーションと実験室進化実験の統合による有用発酵微生物育種の実践」,平成27年10月
  2. 【受賞】岡橋伸幸, 第63回質量分析総合討論会, ベストプレゼンテーション賞ポスター発表部門・優秀賞「動物培養細胞中枢代謝経路における13C代謝フラックス解析法の構築」,平成27年6月
  3. 【受賞】岡橋伸幸, 化学工学会第80年会本部大会, 学生賞特別賞「動物培養細胞の代謝流束解析」,平成27年3月

2014

  1. 【受賞】徳山健斗, 第4回 モデル生物丸ごと一匹学会優秀発表賞"Metabolic Engineering of Escherichia coli for 3-Hydroxypropionic Acid Production Based on the Genome-Scale Metabolic Simulation",平成26年9月
  2. 【受賞】岡橋伸幸, 日本生物工学会 第3回生物工学学生優秀賞(飛翔賞) 「遊離代謝物質を用いた13C代謝フラックス解析法の構築と生物反応プロセスへの応用」, 平成26年9月
  3. 【受賞大野聡, 日本生物工学会 第22回生物工学論文賞 「代謝工学的手法を用いた微細藻類の戦略的育種」, 平成26年9月
  4. 【受賞】松田史生, 第32回日本植物分子細胞生物学会(奨励賞), 平成26年8月
  5. 【受賞】清水浩, 大阪大学総長顕彰、研究部門, 平成26年7月
  6. 【受賞】松田史生, 大阪大学総長顕彰、研究部門, 平成26年7月
  7. 【受賞】松田史生, 第2回がんと代謝研究会(ポスター賞), 平成26年7月

2013

  1. 【掲載】清水浩, Fuji Sankei Business I, 「システム代謝工学が拓く藻類細胞工場への道」
  2. 【受賞】清水浩, 大阪大学総長顕彰、研究部門, 平成25年7月

2012

  1. 【受賞】Satoshi Ohno, Student/Young Investigator Poster Award, "FastPros: Screening method of multiple gene knockout for microbial production using genome-scale metabolic model", Metabolic Engineerring Ⅸ, 平成24年6月
  2. 【受賞】仲嶋翼, 日本生物工学会 第1回生物工学学生優秀賞(飛翔賞) 「代謝工学的手法を用いた微細藻類の戦略的育種」, 平成24年6月
  3. 【新聞掲載】清水浩,日経新聞, 平成24年5月22日付 朝刊14面,「バイオ素材から樹脂原料」
  4. 【受賞】梶畠秀一, 平成23年度 大阪大学情報科学研究科賞, 平成24年3月

2011

  1. 【受賞】古澤力, 第26回西宮湯川記念賞, 平成23年11月
  2. 【受賞】Siraje Arif Mahmud, Takashi Hirasawa, Hiroshi Shimizu, 日本生物工学会 第19回生物工学論文賞, "Differential importance of trehalose accumulation in Saccharomyces cerevisiae in response to various environmental stresses", 平成23年6月
  3. 【受賞】Katsunori Yoshikawa, ACB-2011 YYS Outstanding Award, "Metabolic Flux Prediction by Genome-Scale Metabollic Model of Synechocystis sp. PCC6803" 平成23年5月
  4. 【受賞】古澤力, 文部科学大臣表彰 若手科学者賞, 平成23年4月

2010

  1. 【受賞】古澤力, 大阪大学飛翔研究フェロー, 平成22年10月
  2. 【受賞】Sunisa Chatsurachai, Chikara Furusawa, Hiroshi Shimizu, Asia Pacific Bioinformatics Network Best Poster Award "De novo Pathway Design Platform for Exploring Biosynthetic Capacity in Genome Scale Model of Microorganisms as Cell Factories", 平成22年9月

2009

  1. 【新聞掲載】清水浩,こんにちは研究室「人智を超えた細胞の不思議解明へ」, 産経新聞, 平成21年6月4日付 朝刊25面

2008

  1. 【新聞掲載】清水浩, 未来プロジェクト動く「アンビエント社会」(PC、人の気持ち察知), 日経産業新聞,平成20年9月2日付 10面
Page Top